レトルト食品にひと工夫

今我が家では秋刀魚の缶詰とシソのフリカケがブームになっています。それぞれオカズにして食べるor御飯にかけて食べる~というのもシンプルで一番間違いないのですが、それらを使ってひと工夫するとまた別のおいしさがあります。

まず秋刀魚の缶詰ですが、汎用性がとても高いと思っています。玉子焼きの中に少しだけ入れて秋刀魚玉子焼きにしたり、キャベツ・ネギと一緒にパスタに入れるて塩・コショウ・醤油などで味を整えると簡単秋刀魚パスタができます。他にはトマト煮込みに入れると甘い味付け+トマトの酸味でまた少し変わった趣になります。

シソのフリカケですが、おすすめは豚丼に使うことですね。まず少し醤油味を抑えた豚の角煮を作っておいて、煮込み終わったら一口大に切って、丼ぶりに御飯にフリカケと刻んだたくわんを入れて混ぜ合わせて、切った豚の角煮を乗せ、たっぷりのネギを乗せたら完成、たくわんのしゃきしゃきとした食感とシソの香りと塩味、そこに優しい味の豚の甘みが混ざり合い、最高のハーモニーを奏でます。

豚はブロックでなく、薄いバラ肉で作っても、おいしいと思います。このようにインスタント製品にひと工夫加えてレシピを考えるのが楽しかったりします。また新しいレシピを見つけましたら、是非ご紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>