節分の豆再利用

夕食にひじきの煮物を作ろうと思い立ち、今年不作ながらもキレイに処理したものをいただいたので、その芽ひじきを利用して、あとは厚揚げ、人参、旨味のために鳥皮、そして、子どもが大好きな豆をどうするこ悩み…。
ひらめきました。
節分の豆が残ってる!!

というわけで、節分の豆も投入!
これが、短時間煮ただけだと、やや歯ごたえが残り、やはり煎ってある分やや香ばしい感じでした。
でも、これはこれで、子どもたちは大喜びで食べてくれました。
その後、しばらく煮てみたら、これまた、柔らかすぎず、ちょうどよいかたさに仕上がりました。
最初は難色を示していた主人も「これ、意外とすんなり受け入れられるねー。」と言ってくれてひと安心でした。

先日は、ブラウニーにアーモンドを砕いたものと共に節分の豆も投入しましたが、これまた大成功でした。
食べごたえも、腹持ちも良くて、ついでに身体にも良いなんて、とっても良いもの発見しました。

もちろんそのまま食べても美味しいのにはかわりないのだけど、食べてるとすぐ口の中の水分持っていかれちゃって、一度に食べられる量はしれています。なかなか減らないので、毎年の悩みどころが、また節分の時期がとっても楽しみになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>